コスト削減のお手伝いをいたします。経営支援は福岡のシェイプ株式会社にご相談ください。

お問い合わせ

Home >法人様向け >総合管理 >消防設備点検

消防設備点検

消防法の定めにより、年2回の法定点検(機器点検・総合点検)、また消防署への届出が義務付けられています。

①機器点検【年1回】

消防用設備などの機器の機能について、外観から又は簡単な操作により判断できる事項を消防用設備などの種類に応じ、別に告示に定める基準に従い確認致します。(6ヶ月に1回以上)

②機器総合点検【年1回】

消防用設備などの全部もしくは一部を作動させ、又は当該消防設備などを使用することにより、総合的な機能を消防用設備などの種類に応じ、別に告示に定める基準に従い確認致します。(年に1回以上)

自家発電設備 負荷試験
 
  自家発電設備の点検方法が改正されました。(平成30年6月1日施行)

  【負荷試験実施までのスケジュール】
  
   専門の技術担当者が、機種・周辺状況等を確認させて頂きます。
 併せて、負荷試験装置の設置等のシミュレーションを行います。
   現地調査の結果を検証し、御見積りをご提示させて頂きます。 
   実施にあたり、試験内容・作業手順・スケジュール等について御打合せを行います。 
   御打合せに基づき、現地の最終確認を行います。 また、自家発電設備の整備状況等に
 応じ必要な整備を行います。
   資格を保有した専門技術者が作業を実施します。 
   試験データを基に、発電設備の運転状況・排煙・設備等と併せて報告書をご提出
 致します。

自家発電設備の点検改正に
伴うリーフレット(総務省消防庁)
自家発電設備点検       非常用発電機負荷試験

その他の総合管理項目

宿ぷらざ