コスト削減のお手伝いをいたします。経営支援は福岡のシェイプ株式会社にご相談ください。

お問い合わせ

Home >法人様向け >総合管理 >害虫防除・害獣防除

害虫防除・害獣防除

■害虫防除

①処理方法と使用薬剤
薬剤は、厚生労働省認可並びに伝染病予防で指定する人畜に安全性の高い薬剤を使用し 散布量は同法の殺虫剤散布基準量に基づき行う。

処理方法 処理内容 使用薬剤(主なもの) 摘要
①トリートメント スプレイ
(残留噴霧)
ペインティング
(残留塗布)
フェニルトロチオン
ジクロボス
クロルピリホスメチル
ダイアジノン
プロペタンホス
ゴキブリが潜む場所、及び周辺を重点的に散布し、駆除並び予防をする。
ゴキブリの薬剤に対する抵抗性の発現、発生状況により適宣薬剤を変更する。
②ULV 超微粒子噴霧 ペルメトリン
③エアゾール   ペルメトリン
フタルスリン
④ベイティング 毒餌処理 ほう酸
ヒドラメチルノン
トリクロルホン
⑤トラッピング 捕獲処理 粘着シート
⑥ベイパリゼイション 燻蒸処理 ジクロルボス

■害獣防除

【予防調査】

駆除効果向上のため、主として次の点を明確に把握する。
① 対象種別(ネズミの種類)
② 生息状況(出没箇所、侵入箇所、生息場所、被害程度、被害物)
③ 環境状況(建物構造、什器備品の配置状況、隣接の建物との関連

【処理方法と使用薬剤】

薬剤は、厚生労働省認可並びに伝染病予防法で指定する人畜に安全性の高い薬剤を使用し 散布量は同法の殺虫剤散布基準量に基づき行う。

処理方法 処理内容 使用薬剤(主なもの) 摘要
①ベイティング 毒餌処理 ワルファリン ネズミの通路、物陰に配置し、経口投与による食毒死。
通路・隙間を閉鎖、又は対象物に塗布し、咬害防止。
②ダスティング 接触(散粉)処理 クマテトラリン
③リベリング 忌避剤散布・処置 シクロヘキシミド
テルペノイド 等
④トラッピング 捕獲処理 粘着トラップ
⑤シャッティング 通路遮断処理(簡易) 金網・ブラシ
スポンジ゙等資材

上記調査に基づき十分な検討をし、処理方法を決定します。
期間契約の場合、駆除施工後定期的な追跡調査及び点検を行い、薬剤の補充や環境整備のご提案を行います。
また、駆除状況によっては別途方式のご提案をする場合がございます。

【防除の効果判定について】

特定建築物においては、上記防除作業終了後1週から3週の間に防除効果の調査を行います。
また、本効果判定において、万一、生息数減少等の効果が認められない場合は、必要に応じて再度施工を行います。

その他の総合管理項目

宿ぷらざ